top of page
黒くなった紙

お知らせ

熊手屋 西一

酉の市の代表的縁起物「熊手」。

明治5年、西野勇吉により始まった熊手作りも現在は5代目・幸夫へと受け継がれています。
酉の市では商人と客との値切り合戦も楽しみの一つです。

威勢のいい手締めの音が響いてきたら商談成立の証。

熊手の大小に関係なくお声掛け頂ければ関東三本締めをします。

その場でしか味わえない雰囲気を楽しんで下さい。

福熊手西一 5代目 西野 幸夫

IMG_9754.jpg
1A2AAEBF-3BBE-4604-A462-AC798D423544.jpg

熊手とは

熊手は本来農具で掃除用具として使われ、また武器として使われていたこともありました。

謡曲「高砂」に登場した熊手が空気を浄めて外にある福をかき集めることから、縁起を招く福熊手(縁起熊手とも言う)が誕生したと言われています。
酉の市は江戸時代から続く年中行事。11月の酉の日東京都内各地の神社や寺などで開かれる市には福熊手が所狭しと飾られ、全国から多くの人が訪れます。
12月からは関東各地(西一は埼玉県内に出店)の神社でも熊手市が開催され、地元の人々に親しまれています。

about
黒くなった紙

商品情報

手のひらサイズ(三寸)から五尺(2メートル)まで豊富に取り揃えております。

店舗情報

〒336-0015 さいたま市南区大字太田窪2891

TEL : 048-882-6161

お問い合わせ

ありがとうございます

送信が完了しました。

内容確認後、担当者よりお電話もしくはメールにてご連絡いたします。

item
store-info
contact
bottom of page